HOME>トピックス>不動産の売買にはリスクが少なく取り組める

お金がかかるなら売りたい

今の時代はマンションを一棟持っている人は少ないかもしれませんが、実際の不動産で考えると実はたくさんいます。そして不動産の売買というのはそんなに珍しいものでもなく、どちらかというとポジティブなイメージで売買が成立することが多いです。不動産は大きなお金が動くことで慎重になりやすいですが、売却したほうがリスクが少ないという面も、保持しているだけでお金がかかる制度があるからです。

売るメリットは現金

そして相続をしてどうしていいのかわからず、一棟のマンションを放置しておくと、それだけで損失を生み出してしまう可能性があります。しかし、売却することでメリットになるのが現金として収入になることが大きいといえます。

税金の理解

その他にもメリットとしては固定資産税などもかからなくなりますので、毎年の支払いを心配しなくても良くなります。もちろん収益を上げているマンションではいいですが、古くなり入居率も下がっていると一棟を売却したほうが無難です。

保険料も知る

またマンションを売却によってメリットがあるとあまり知られていませんが、火災保険料や地震保険料が戻ってきます。一棟丸ごとだと実際の保険料なども高額なことから、それが戻ってくるということは現金としての収入が増えていることになります。

広告募集中